歯が生え変わる頃にしつけをして…。

基本的には主人との上下関係を柴犬はしっかり理解できると言われます。柴犬については躊躇を見せてしまったり、一歩優先させたり、そんなことがないように、しつけについてはきちんとするべきです。
犬との散歩中のしつけの問題点は、大概の場合、2つあって、その2つとは、実際主従の関係といったことに深く関係していると思います。
もしもしつけができてなければ、あたかも警察犬のように、集中してあちこちいろんな臭いを嗅ぎつつの困った散歩となってしまうでしょうね。
全般的に黒い毛のトイプードルというのが、仲間と比較すると一番賢いと言われます。聡明なので、しつけやトレーニングなども容易に行えるという状況にあると考えます。
通常、柴犬をしつける際の問題点として多いのが噛み癖かもしれません。成長してからでも矯正可能ですけれど、本来だったら、子犬でいるうちからしつけを済ませるのに異議はないでしょうね。

噛む犬のしつけに関しては、噛まれるかもしれないから怖い、というような場合もあるんじゃないかと思います。あるいは感情をあらわにしてしまったりビックリしてしまって、無意識にたたいてしまった体験もありませんか?
普通、ポメラニアンは、しつけを受けながら主従関係を作り上げることを楽しく感じる動物なので、子犬の時期にきちんとしつけをしていくことが必要です。
決まったものに対して恐怖心があって、それが原因で吠える行為に繋がっているとしたら、かなりの確率で恐怖を引き起こす対象物を取り去ってしまえば、無駄吠えすることを押さえることも簡単です。
歯が生え変わる頃にしつけをして、噛む力の加減が可能になると、その後はその力の加え方を身に付けているので、度を超えて噛むことはほとんどしなくなると考えられます。
皆様方は、ワンコの無駄吠えでお困りかもしれません。実際、無駄吠えを止めるということは実行可能です。正しい情報があれば、どんな方でもできるんです。

全般的に成長していくと、ポメラニアンは少し落ち着くようですが、きちんとしつけをしておかないと、結局自分勝手な性格になることもあるんじゃないでしょうか。
過去においてはトイレをしつける際に失敗してしまったら体罰を加えるとか、またはしかりつけるやり方が大多数でしたが、これらは実は不適切だとみられています。
例えば小さなミニチュアダックスフンドだとしても、飼いだした時から、いえむしろ、迎えるための準備期間からしつけという行為は開始されています。
犬が吠えるといったありがちな問題行動に対処するしつけ方法ですが、クリッカーなどの道具を使うなどして、ご褒美と結び付けることを中心にして犬のしつけ訓練をするのもいいでしょう。
お子さんをしつけるときは「これではわがままになるから」「最低限のルールは身に付けさせたい」などと、保護者として何かするように、吠える回数の多い犬のしつけをすることだって同じなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする