仮に何もしつけをしないと無駄吠えの問題行動が増えていくミニチュアダックスフンドも…。

犬をしつける際は、吠える・噛むという行為は、誰に対してなぜそうしているかということを考えながら、「吠えるのは悪い」「噛むことはダメな事だ」というしつけをすることが必要でしょう。
ポメラニアンたちは、しつけられてオーナーとの信頼関係を構築するのを非常に楽しむ犬ですから、小さな子犬の時からあれこれしつけを頑張るのがいいでしょう。
散歩中だろうと、ペットのしつけなどは実践できます。交差点などでは、「おすわり」などの命令の練習ができます。たまに歩くのをやめて、「まて」の行為をしてもいいと思います。
例えば、犬が無駄吠えを中断して静かになったのを待ってから、ご褒美などを与えてください。吠えない、ということとその報いを関連させ、体得するようになってくれるみたいです。
散歩での拾い食いについてのしつけだったら、声に出して叱ることはしないようにしましょう。飼い主であるみなさんが可能な限り動揺せずにリードのコントロールでしつけをすることをお勧めします。

可愛らしい子犬に対しては、甘い顔を見せたくなるのもわかりますが、まだ幼い時期だからこそ、ペットのしつけというものを堅実に行うべきと考えています。
仮に何もしつけをしないと無駄吠えの問題行動が増えていくミニチュアダックスフンドも、きちっとしつけすると、無駄吠えのようなものを少なくさせることができるようです。
最近は、好まれて愛犬となっているチワワだと思いますが、しっかりとしつけがされていなく、困り果てている飼い手の方も多いというのが事実だと思います。
子犬の時に、的確に甘噛みをするのはだめとしつけを受けなかった愛犬は、大人になっても突然軽めに飼い主などを噛む行為をし始める事だってあります。
ペットをしつける時に気をつけたいのは、その行程や教えていく順序をちゃんとフォローすることです。トイレのしつけの場合であっても、当然、同じことだと言えます。

しつけが不十分だと、自分ちだと静かでいるように見えても、それ以外の家に行った時に、無駄吠えすることが再び現れる事態が起こってしまいます。
以前はトイレをしつける際に失敗してしまったら罰則があったり、あるいは犬の鼻をこすってしかりつけるやり方がほとんどでした。この手は実は推奨できません。
必要なしつけを受けていないと、散歩の際にも主人をひっぱって歩いたり何かに向かって吠えたり、問題行動が出てくると思います。というのも、愛犬との主従関係が誤って築かれているからです。
みなさんが感情的にならずにしつけをしたいと思ったために、飛びつきをとめるためにラブラドール犬に頬ずりするとか、撫でてみてはダメなんです。そうすると「飛びつくと喜んでもらえる」と誤認するからです。
通常、規則のあるゲームは、ラブラドールをしつける時に最適とも言われます。ラブラドールとその主人が一緒に交流しつつ、非常に多くを学習できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする