一般的にチワワを飼い始めて…。

犬にとって噛むということが愛情からの行為とはいっても、人々と共に生きる場合は、噛むのは人に危害を加えかねないので、飼い主の方々はしつけるようにしないとならないはずです。
良く噛む犬の、その理由を探し出し、これまでの間違ったワンコのしつけを再度やり直して、噛むクセをなおしていくことをお勧めします。
犬にとって飼い主さんが上位置である状態を分からせるため、散歩の最中は、犬がいつもオーナーの動作をみながら散歩するようにしつけをするのが肝心です。
かつて私も、しつけする前の吠える、または噛む行動に悩んだ経験があります。大切なペットである犬が、私を対象に吠える上、噛みつく、すごく惨めでした。
一般的にチワワを飼い始めて、第一にするのはトイレのしつけですけれど、同じチワワの中にも、とにかくさまざまな子犬がいるようですから、出来が悪くても焦ったりしないで落ち着いてしつけてみましょう。

ほとんどの場合、歯が生え変わる成長期の子犬は、比較的イタズラが大好きであることから、そういう子犬の時期にじっくりとしつけ訓練をしてほしいと思います。
一般的に、甘やかしっぱなしにしないで、子犬からベーシックなしつけを実践していたら、世間には柴犬くらいオーナーに従順な犬はいないだろう、というくらい飼い主の指示に応えるようです。
なんといっても子犬だったら、大目に見てあげたくなるかもしれません。がまだ幼い時期だからこそ、基本的なしつけというのを地道にするのが良いでしょう。
犬の無駄吠え行為のしつけ方法を集めてまとめています。ご近所とのトラブルや安眠の妨害を予防するべく、出来る限り解消してみてください。
犬によっては、しつけが実行されてなければ、ときには一大事のように、必死になって周囲の獲物臭を嗅ぐという煩わしい散歩をしなければならないという結果になってしまうのではないでしょうか。

通常、吠える犬のしつけに限定せず、全てのしつけに共通する点ですが、犬に何らかを教えた後で褒める時は、「誰が褒めるか」によって、出来が相当違ってくると聞きます。
しつけ教材などは「吠える犬たちを矯正する方法」といったテクニックのみに視点を置く傾向にあります。残念ながら、ペットが吠える原因がそのまま残っている以上は、しつけの障害になります。
特にしつけをする時の要注意点ですけれど、どんなことがあってもポメラニアンを力づくで叱っては良くありません。怯えるようになって、それからは心を閉ざしてしまうようになってしまう可能性があるということです。
愛犬が無駄吠えを中断した時を見計らって、おやつをやるようにするのが良いです。吠えない、ということともらえる報酬を関連させ、学んでいくのです。
子犬は「要求咆哮」が多いようです。ですが、過度ともいえるしつけをしてしまったら、「威嚇咆哮」になってしまう場合だってあります。必要範囲内でしつけをしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする